実践Linux
CentOS7        CentOS7 目次へ  TOP(HOME)へ


アクセス解析ツールawstatsの設置            2016年6月




●AWStats の入手
CentOS 外部レポジトリの追加(EPEL)=EPELパッケージを導入して、標準パッケージに含まれないパッケージをyumでインストールできるようにする。
CentOS6.5/7の64bit版のyumリポジトリにEPELを追加する方法
EPELのリポジトリのインストール
# yum install epel-release

yumコマンドの実行時にEPELのリポジトリは明示的に使用されるようにしたい場合は、インストールされたEPELのリポジトリの設定ファイル「/etc/yum.repos.d/epel.repo」を以下のように編集します。
[epel]
:(略)
enabled=0  1を0に変更

yumコマンドの実行時にEPELのリポジトリを明示的に使用するには、オプション「--enablerepo=epel」を付けて実行します。
# yum --enablerepo=epel list | grep awstats

EPELからawstatsをインストール
# yum --enablerepo=epel -y install awstats

●awstatsのconfファイルの編集
/etc/awstats/awstats.ns1.conf が自動作成されている。
ここでは名称をawstats.www.my-dom.xxx.confに変更。
編集
LogFile=  Webサーバのログファイルの場所がフルパスで指定されていることを確認します。awstats.plのディレクトリからの相対パスも利用できます。
LogType=  Webサーバのログを解析する場合には"W"、ストリーミングサーバのログファイルを解析する場合には"S"、メールサーバのログを解析する場合には"M"、FTPサーバのログを解析する場合には"F"が設定されていることを確認します。
LogFormat=  ログフォーマット。combinedの場合は 1、commonの場合は 4( ただしこの場合ブラウザ情報等、一部の解析はできなくなる)。
DirIcons=  AWStatsのアイコンディレクトリの相対URLが反映されていることを確認します.
SiteDomain=  解析したいWebサーバーに到達するために利用されるメインのドメインの名前もしくはイントラネットのサーバー名を設定します. 同一サイトが複数の名前でアクセスされる可能性がある場合は, HostAliasパラメータのリストに追加します.
HostAliases=  ホストのエイリアス名。REGEXは正規表現。
DNSLookup=  DNSの逆引き(ホスト名を表示) 0は行わない、1は完全に行う、2は キャッシュファイルからのみ。
DirData=  データ保存用ディレクトリの位置を指定します。
DirCgi=  AWStats のディレクトリを相対 URL で指定します。
DirIcons=  icon のディレクトリを相対 URL で指定します。

以下抜粋

#LogFile="/var/log/httpd/access_log"  下に変更
LogFile="/var/log/httpd/www_access_log"  このlogファイル名はhttpd.confで確認しておくこと。
LogType=W
LogFormat=1

#SiteDomain="ns1"  下に変更
SiteDomain="www.my-dom.xxx"
#HostAliases="REGEX[^.*localhost\.localdomain$]"  下に変更
HostAliases="localhost 127.0.0.1 REGEX[my-dom\.net$]"
DNSLookup=2
DirData="/var/lib/awstats"
DirCgi="/awstats"
DirIcons="/awstatsicons"

DefaultFile="index.php index.html"
#SkipHosts="127.0.0.1"  下に変更
SkipHosts="127.0.0.1 REGEX[^192\.168\.]"  LAN側とローカルからのアクセスはスキップするように指定する。
SkipFiles=""
OnlyFiles=""

●/etc/httpd/conf.d/awstats.confの編集
Alias /awstatsclasses "/usr/share/awstats/wwwroot/classes/"
Alias /awstatscss "/usr/share/awstats/wwwroot/css/"
Alias /awstatsicons "/usr/share/awstats/wwwroot/icon/"
ScriptAlias /awstats/ "/usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/"
<Directory "/usr/share/awstats/wwwroot">
Options None
AllowOverride None
<IfModule mod_authz_core.c>
# Apache 2.4
#Require local   下に変更
Require ip 127.0.0.1 192.168.7   追加
</IfModule>
#<IfModule !mod_authz_core.c>   apache2.2用はコメントアウト
## Apache 2.2
#Order allow,deny
#Allow from 127.0.0.1 192.168.7.
#Allow from ::1
#</IfModule>
</Directory>
<IfModule mod_env.c>
SetEnv PERL5LIB /usr/share/awstats/lib:/usr/share/awstats/plugins
</IfModule>

httpdを再起動

●レポート手動出力 ( 自動では/etc/cron.hourly/awstats で、 1時間毎に自動更新されることになっている )
# /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl -config=www.my-dom.xxx -update
-config=www.my-dom.xxxでawstats.www.my-dom.xxx.confを指定するということになる。

●ブラウザで見る
http://www.my-dom.xxx/awstats/awstats.pl?config=www.my-dom.xxx にアクセスし、解析結果画面が正しく表示されれば OK です。

●cronで解析内容の更新
まず、/etc/cron.hourly/awstatsを/etc/cron.daily/に移動しておく。
/etc/logrotate.confをみると、ログは weekly、4世代分残すことになっている。
awstatsのconfでLogFile="/var/log/httpd/www_access_log"としたので、これが突然rotateされてしまうと連続した解析結果が得られないことになる。
いったん、/var/lib/awstatsの統計データをいったんすべて消去してクリア。
# cat /var/log/httpd/www_access_log-* /var/log/httpd/www_access_log > /usr/share/awstats/log_html
を実行して/usr/share/awstats/log_htmlに全てのログを集める。
/etc/awstats/awstats.www.my-dom.xxx.confの編集
LogFile="/usr/share/awstats/log_html"に変更。
次に
# /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl -config=www.my-dom.xxx -update
を実行してこれまでの全統計データを作成しておく。

/etc/cron.daily/awstatsの編集
#!/bin/bash

# 下2行はコメントアウト
#exec /usr/share/awstats/tools/awstats_updateall.pl now -configdir="/etc/awstats" -awstatsprog="/usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl" >/dev/null
#exit 0

rm /usr/share/awstats/log_html
cat /var/log/httpd/www_access_log-* /var/log/httpd/www_access_log > /usr/share/awstats/log_html
exec /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl -config=www.my-dom.xxx -update >/dev/null 2>&1
exit 0


awstats は、統計データを作成するときに、自分がどの時点までのログの統計データを処理したかを覚えていて、古いアクセスログデータを awstats 与えても、無視するようになっている──という機能を利用している。

※ /var/www/html/に/awstats/index.htmlなどがあると、/etc/httpd/conf.d/awstats.confで設定したAliasとケンカして開くことができない。/awstats2/index.htmlなどに変更しておくとOK。

TOP(HOME)へ

目 次
HOME
 全体のシステム構成&目次

RockyLinux

新機能(systemdとfirewalld)

CentOS8
CentOS8のインストール〜ネットワークの設定ほか
ダイレクトルールを使ったfirewallの強化
DNS(BIND)サーバー
DHCPサーバー
FTPサーバー
FTPS(FTP over SSL/TLS)
Webサーバー
  アクセス解析ツールAwstats
Mail(Dovecot&Postfix)サーバー
MariaDB(MySQL)サーバー
SSHサーバー
Sambaサーバー
openVPNサーバー

CentOS7
CentOS7のインストール〜ネットワークの設定ほか
CentOS7の新機能(systemdとfirewalld)
ダイレクトルールを使ったfirewallの強化
DNS(BIND)サーバー
Webサーバー
  Webでファイルの受け渡し
  アクセス解析ツールAwstats
  Wordpressでブログ構築
  EC-CUBEショッピングサイト構築
FTPサーバー
FTPS(FTP over SSL/TLS)
Mail(Dovecot&Postfix)サーバー
Sambaサーバー
MariaDB(MySQL)サーバー
DHCPサーバー
SSHサーバー
VNCサーバー
ストリーミングサーバーRed5
ドメインの追加
PHP7.1をインストール

CentOS5〜6

SELinux

Cプログラミング


●その他
クラウド Amazon EC2
Raspberry Piで遊ぶ
印刷機関連開発 刷版絵柄面積率測定
数独をExcelで解く


●趣味の世界
相対性理論
量子力学
群論
熱力学・統計力学
解析力学
物理でつかう数学
超弦理論(ノート作成中)