サイエンスの旅 相対論的共変性とスピノル

ディラック方程式を共変的にするには、ψ をどのように変換すればよいか ── これを調べると、ψ は反変ベクトルや共変ベクトルのように変換されず、別種の変換をなす量であることがわかってきました。ここからスピノルという概念が形づくられることになります。それまでは相対論的な式は、すべてテンソルを用いて書けると考えられていましたが、網目をもれていたものとしてスピノルが出現したのです。

元ファイルを開く             サイエンスの旅 目次

science009

元ファイルを開く             サイエンスの旅 目次