物理フォーマット(Low Level Format)

物理フォーマット(Low Level Format)
 ///////////////////////////////////////////////////////////////
●Darik’s Boot and Nuke
ダウンロードしたISOイメージをCDに焼いて、CDから起動するタイプです。
Linuxベースの専用システムを起動してフォーマット=削除を行います。

単に「0」を上書きするだけのソフトではありません(もちろんゼロフィルも可能)。
ハードディスク内の対象領域をランダムなデータ等で複数回埋めつくし、完全消去することができます。
消去アルゴリズムとして米国国防総省準拠アルゴリズム(DoD 5220.22-M)や、世界最高レベルと言われている「Gutmann」アルゴリズムなどが選択できます。
また、消去に使用する乱数の生成アルゴリズムも選択可能。

まず、Enterキーで、中にはいります。
spaceキーでデバイスの選択。
最初にautonukeを入力すると、自動で消去が開始されますが、MethodはデフォルトのDtoD Short方式となります。500GBで7時間かかりました。
M→Quick Eraseでゼロ消去。これだと500GBで2時間50分。

デフォルト設定
•Entropy: Linux Kernel (ここは関係ありません)
•PRNG: Mersene Twister (mt19937ar-cok)
•Method: DtoD Short
•Verify: Last Pass
•Rounds: 1

各項目の内容は下記の通り。
•PRNG: 消去アルゴリズムや消去に使用する乱数生成アルゴリズム
•Method: 消去方式
•Verify: データが完全に消去されたかどうかの確認作業(ベリファイ)
•Rounds: 上記項目で選択して行うデータ消去の繰り返し回数

オプション設定は、キーボードで操作します。メイン画面下部にも表示されています。
•P→PRNG
•M→Method
•V→Verify
•R→Rounds

PRNG (擬似乱数生成アルゴリズム)
デフォルトでは、Mersenne Twister。Pキー後、スペースキーで選択。
•Mersenne Twister
•ISSAC

Method (データ消去方式)
デフォルトは、DoD Short。Gutmann WipeやDoD 5220.22-Mほどデータ消去は強固になりますが、時間がかかります。Mキー後、スペースキーで選択。
•Quick Erase→ クイック消去。「0×00」の1パス。上書き回数1回
•RCMP TSSIT OPS-II→カナダ王室山岳警察方式。乱数の値を変えて8パス
•DoD Short→米国国防総省方式の簡易版。3パス
•DoD 5220.22-M→米国国防総省方式。7パス
•Gutmann Wipe→Gutmann (グートマン)方式で35パス
•PRNG Stream→PRNGストリーム方式。乱数で1パス

Verify (確認作業・検証・ベリファイ)
デフォルトは、Verify Last Pass。Vキー後、スペースキーで選択。
•Verification Off→検証なし
•Verify Last Pass→パスの最後に検証
•Verify All Passes→すべてのパスで検証

Rounds (回数)
デフォルトでは1回。上記で選択したデータ消去のアルゴリズム・方式・ベリファイ回数を1セット。Rキー後に数値を入力します。

 
フォーマット(Windows7)
 ///////////////////////////////////////////////////////////////
コンピューターを右クリック→管理→ディスクの管理→当該HDDを右クリック→初期化
つづいて、当該HDDを右クリック→新しいシンプルボリューム ボリューム(パーティション)作成
フォーマット

ボリュームラベルの変更方法
エクスプローラーを起動して、ラベルを付けたいドライブを右クリックします。
表示されたコンテキストメニューの「プロパティ」をクリックします。
ボリュームラベルを変更します。

Leave a Reply(コメントする)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です